« たろすの誕生日 | トップページ | アップのたろす、その他 »

2010年4月16日 (金)

Mother #1

室蘭の大学で渡り鳥の研究に打ち込んでいた鈴原奈緒(松雪泰子)。

しかし、研究室が突然閉鎖されてしまい、小学校の産休代行教師となった。

そこで受け持ったクラスで浮いた存在の道木怜南(芦田愛菜)と出逢う。

怜南は体のあちこちに痣があり、その様子から虐待されていると気付くが…。

  

いじめとか虐待の話はかわいそうで見ていられない方なんですが、思わずぐいぐい引き込まれてしまいました。

好きなものノートに好きなことだけを一つ一つ書き込む怜南。

黒いゴミ袋に入れられ、寒い道ばたに放置される怜南。

赤ちゃんポストに小学生の自分ははいれるのか?と聞く怜南。

…あまりにも衝撃的なお話です。

そして奈緒は怜南を誘拐し、だれも知らないところで二人で生きる決心をします。

唐突に誘拐ってって思いましたが、どうやら奈緒自身にもいろい辛い過去がありそうです。その辺のことは追い追いわかっていくのでしょう。

最後に田中裕子さんがちらっと出てきました。 ということはこの人が奈緒本当の母親? そして雑誌記者の山本耕史さんとの絡み等とあいまって、来週も期待できそうです。

暗く落ち込みがちな番組が終わった後の番宣が大野君の脳天気な怪物君で、なんだかちょっとホッとしてしまいましたわ

Img_0214_2

たまたま通りかかった怪物くんの番宣カー

慌てて撮ったのでブレブレの写真です^^;

« たろすの誕生日 | トップページ | アップのたろす、その他 »

ドラマ」カテゴリの記事

Mother」カテゴリの記事

コメント

やはり興味深いドラマなんですね、、、
子供への虐待は昔から存在したのかもしれませんが、現代はあまりに悲惨な事件が多いですね(--;そんな現実社会にも役立つドラマだと良いですね。

にゃあもさん、こんばんは。
そうなんです。確かに虐待は親も子も認めたがらないので対応が難しいとは思うのですけれど…。
松雪さんの過去に何か余程暗い事情があったのでしょうね。追々明らかになっていくのかもしれません。

嫁&旦那さん、こんばんは。
子役の子は、今までの子たちにない雰囲気を持っていますね。
どういう展開になっていくのか気になります。

観てはいませんが、いきなり誘拐という発想は、ちょっと・・・
という感じは確かにしますね^^;
動機はなんであれ、犯罪ですもんね^^;

テレビで観るとまた印象違うのかもしれないですね^^

かなり暗めで切ないドラマですねぇ~
しかし見入ってしまいました
子役の女の子の演技が本当に切ない気持ちにさせます。

見終わってすぐ録画してあった素直になれなくてを
見はじめましたがあまりの空気感の違いに
別の日に見ることにしました(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mother #1:

« たろすの誕生日 | トップページ | アップのたろす、その他 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ミニマイ棚

ジャニーズ商品

ジャニーズ情報

potora!