« 興味のないたろす | トップページ | これもだめ? »

2010年3月12日 (金)

宿命1969-2010 ♯8 最終回

滝沢総理(若林豪)仲人のもと、崇(北村一輝)と尚子(上原美佐)の結婚式が盛大に行われた。しかし、滝沢総理に中国の元諜報員女性とのスキャンダルが持ち上がり、情勢は一気に変わる。実はこの情報をリークしたのは尚子の父眞一郎(奥田瑛二)だったのだ

眞一郎は滝沢に政界引退を勧める。滝沢は引退し派閥を眞一郎に譲ることを決めるが、交換条件として滝沢の次男と眞一郎の次女を結婚させ、岩手の選挙区から出馬させることを約束させた。なんとそこは崇が出馬する予定の場所だった

一方、崇も留学生時代にこの元中国諜報部員女性と付き合いがあり、ツーショットの写真を撮られていた。この写真を宣子(小池栄子)が週刊誌に送り、掲載されてしまう。これを口実に眞一郎は崇に政界進出を諦めろというのだった…

結局、母・三奈(真野響子)が一人で騒いで、一人で話を大きくして、終わりって話だったんですね別に学生運動時代の話を無理にこじつけなくても…

話の核心である三奈だけが何だか浮いていて、最後まで感情移入ができませんでした。でも最後まで見ちゃったんですけれど。

8話だけでは短すぎてこの内容は無理だったのでしょう。

やっぱり不毛地帯の方が面白かったかも。

« 興味のないたろす | トップページ | これもだめ? »

ドラマ」カテゴリの記事

宿命1969-2010」カテゴリの記事

コメント

にゃあもさん、ありがとうございます。
一時に比べてずいぶんよくなりましたが、花粉が飛んでいる間はボーっとしているでしょう…
ただ、ただ、この季節が過ぎるのを待つのみです。

やっぱり早々と終わっちゃったんですね^^;
次は何が始まるんでしょうね。

たろすさん、体調はどうですか?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宿命1969-2010 ♯8 最終回:

» 不毛地帯 [すぐ読める!ニュース早読み隊!]
最近のガキや若者は不毛地帯すら理解できないんだね。 最近のガキや若者は不毛地帯すら理解できないんだね。よく、現在放映されている不毛地帯が難しいとか、つまらんとかほざいている奴らがいますがそいつらがゆとりすぎて笑えます。高度経済成長を支えた偉大な商社マンに感謝すら湧かないのか今時の若者は。俺は若者みたいなクズには子供手当てを払う必要はないと思うよ??(続きを読む) 不毛地帯の登場人物についてです。 不毛地帯の登場人物についてです。「不毛地帯」の登場人物についてです。そのモデルと思われる実在の人物達はど... [続きを読む]

« 興味のないたろす | トップページ | これもだめ? »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ミニマイ棚

ジャニーズ商品

ジャニーズ情報

potora!