« 活発なたろす | トップページ | 慎重なたろす »

2010年2月 6日 (土)

宿命1969-2010 ♯4

崇(北村一輝)が眞一郎(奥田映二)の息子であると告げたにもかかわらず、眞一郎は自分の政治生命を守るため、強引に縁談を進めようとします。

総理に仲人を依頼したのに破談にしたら、眞一郎だけでなく崇の政界入りは難しくなり、官僚としての出世もここでストップする…と。

眞一郎の説得が無理、息子には本当のことが言えない…八方ふさがりの三奈がとった行動は…

崇の元恋人の宣子(小池栄子)に渡した手切れ金の2,000万円の小切手の紛失届を出し、換金にきた宣子は警察に…

このことによって宣子は崇だけでなく職も失うことになってしまいました。

そして、三奈は、これは崇の婚約者尚子(上原美佐)の仕組んだことだと臭わせます…

弟の起こした交通事故で莫大なお金が必要な上に、こんな仕打ちを受けた宣子

いよいよ次週から宣子の復讐か

突っ込みどころ満載の宿命

視聴率もよくないようですね。まあ、そうだろうなと思いますが。

でも突っ込みながらもどうしても見てしまう私

わざわざ偽の写真を作ってまで崇の父親を隠している理由は?

眞一郎が、実の娘が兄妹と結婚しようとしているのに神のみぞ知る…とかいっている理由は?

いくら破談にしたいからといって、宣子を陥れれば息子に害を与えられるかもしれないのに、息子に真実を打ち明けず、わけのわからない行動をとる理由は?

??が多すぎて、気になってしようがない~

来週も見てしまうだろうな、私。

« 活発なたろす | トップページ | 慎重なたろす »

ドラマ」カテゴリの記事

宿命1969-2010」カテゴリの記事

コメント

にゃあもさん、こんばんは。
もう無理と思って見なくなってしまうドラマもたくさんあるので、やはりどこか惹かれるところがあるのでしょうね。
時代背景とか、俳優さんとか。

わからないことが多いのも、逆に魅力ですよね^^

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宿命1969-2010 ♯4:

« 活発なたろす | トップページ | 慎重なたろす »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ミニマイ棚

ジャニーズ商品

ジャニーズ情報

potora!