« マイガール #7 | トップページ | やっぱりたろ »

2009年11月23日 (月)

JIN-仁 #7

今回は天命がテーマでした。

この世界に生きていく覚悟ができているかどうか揺れている仁に咲は言います。

「ご判断を急ぐ必要はないのではないでしょうか。いつか天命も参りましょう。人にはいかに生きるべきか天命を授かる時が来るといいますから。」

咲ちゃん、若いのになんて大人なんでしょう。

火傷を負った茜の皮膚移植手術を行っている最中に、何者かによってペニシリン工場に火を放たれ、ペニシリンが全滅したと聞かされます。

メスを持つ手が震える仁の額の汗をそっと拭いてあげる咲。

「今日は蒸しますね」・・・その言葉で落ち着きを取り戻す仁。

仁は何度も咲に助けられます・・・

仁を慕い、信じているが故の強さですかね。

そして、洪庵先生は労咳で倒れてしまいます。

洪庵先生は仁が未来から来た人だと気づいていました。

そして、仁の不安、孤独をわかってくれていました。

「もう、私に出来ることは、何もございません。 どうか、先生のその寂しさ、この洪庵に、お分けください。 洪庵、冥土に、持っていきます。」

「心細くはありましたが、私は、孤独ではありませんでした。 私のような得体の知らないものを信じ、支えてくださった方がいましたから。」

たまに金八先生がはいる武田鉄矢さんですが、このあたりのシーンはかっこよかったです。

ジーンときてしまいました。

仁は周りの人に支えられ、そして、天命というものを感じ、平らな世をつくるべく病院をつくることを決意します。

ペニシリンを作るということでヤマサ醤油も出てきましたね。

培養したりろ過することに慣れているからと・・・

う~ん、おもしろいな~。

来週は仁は病院を開き、龍馬と勝海舟にも何か起こりそうですね。

それにしてもあの胎児・・・どういう意味なんでしょうかね。私にはまだ全然わかりません

« マイガール #7 | トップページ | やっぱりたろ »

ドラマ」カテゴリの記事

JIN 仁」カテゴリの記事

コメント

にゃあもさん、今日もありがとうございます。
JINもこれだけ視聴率がいいと、すぐにパート2とか映画化とかになりそうですね

ケセパタちゃん、ご訪問ありがとうございます。
ドラマ好きの私ですが、最近では面白いと思うドラマがめっきり減ってしまいました。年のせいですかね

うう・・・またしても見損ねてしまった。(;ω;)
でも、タロスさんの解説で、十分 面白さが分かります。
ありがとうございます!

おはようございます。あまり、ドラマは見ない方なのですが、仁は見て はまってます。あの胎児は気になりますね。トップの黒ねこちゃん、子猫のピッチ(絵本)に似て、かわいいですね

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JIN-仁 #7:

« マイガール #7 | トップページ | やっぱりたろ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ミニマイ棚

ジャニーズ商品

ジャニーズ情報

potora!