« コールセンターの恋人 #3 | トップページ | ネタが尽きた・・・ »

2009年7月20日 (月)

官僚たちの夏 #3

玉木(船越栄一郎)と片山(高橋克典)が繊維局に呼ばれ、いよいよ話が日米貿易摩擦問題へ・・・

風越(佐藤浩市)らの国内産業保護派に対し、池内通産大臣(北大路欣也)、玉木らの国際通商派は日米安保上、輸出自主規制は避けられないと実施を決意します・・・

池内大臣や玉木にしても苦渋の選択だったのだなと、よくわかります。

鮎川(高橋克己)が繊維業者の人たちに詰め寄られたときに「オカヤさんのシャツは簡単に破れない」っていった時はちょっとジーンとしてしまいました

みんな格好いいですな。

最近では官僚というとあまりいいイメージなかったですけどね。ノーパンしゃぶしゃぶとか・・・古すぎっ?

それにしても、堺雅人さんの頭、爆発しすぎですよね

« コールセンターの恋人 #3 | トップページ | ネタが尽きた・・・ »

ドラマ」カテゴリの記事

官僚たちの夏」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 官僚たちの夏 #3:

« コールセンターの恋人 #3 | トップページ | ネタが尽きた・・・ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ミニマイ棚

ジャニーズ商品

ジャニーズ情報

potora!